サークルホームの見つめる未来

不動産ビジネスを生業としていることに、私は誇りをもっています。再び生まれ変わっても、この道で生きたいと思っています。なぜなら、これほど人に必要とされる仕事はないと思うからです。
人は、大切な時間のほとんどを住まいの中で過ごします。「住」ほど高価なものもありません。きわめて重要な価値領域の中で、人の必要に応え、報酬をいただく。まさにプロフェッショナルの仕事だと考えています。私は、幅広い不動産ビジネスの中でも、最も多くの人々から必要とされる賃貸事業を、生きる道に定めました。

サークルホームはいま、この最も多くの人から最も必要とされる業界の中で、最も必要とされる存在になることを目指しています。
そして、一つのあるべき姿にこだわっています。「賃貸の全てを任すことができる不動産会社」です。
貸主様からも、借主様からも、そう思っていただける会社でありたい。貸主様から弊社に直接お任せいただいた物件をご提案する元付け業務と、他の不動産会社で取り扱う物件をご紹介する客付け業務を共に行っていることも、駅徒歩10分圏内の物件管理を管理手数料0円で承るオンリーワンサービスを始めたことも、そのこだわりの表れです。また、それはある決意の表明でもあります。業界のあり方を変えることへの決意です。目先の利益を追わず、貸主様-不動産会社-借主様の輪にWin-Win-Winの関係を築いていくことで、日本の不動産業界をより良くしていきたいと考えています。

弊社の活動には自分自身、さっそく、手応えを感じています。例えば前述した管理手数料0円の物件管理サービスも、各エリアで絶大な支持を頂戴しているのです。このサービスが業界の新しい常識となれば、日本の不動産業界が変わるはずです。そして業界の内が変われば、外も変わる。業界に対する認識のあり方も変わり、業界の地位もさらに向上していくでしょう。そしてその時、我々業界の人間も、もっともっとプライドをもって働けるようになるはずです。
業界を変え、地位を上げる。地位を上げて、我々も変わる。サークルホームの見つめる未来が、そこにあります。

代表者プロフィール

代表取締役社長 村谷英郎

代表取締役社長 村谷英郎
1971年2月生。神奈川県横浜市出身。
地元の高校を卒業後、アメリカのアイオワ州へ留学。
経営学を専攻し、心理学・会計学・コンピュータ学も副専攻。異国の地で自分の全てを信じてくれる無二の親友と出会い、人から信用され必要とされることの有難さを知る。 帰国後、「世の中で最も人から必要とされる仕事」を志し、大手不動産会社・エイブルへ就職して賃貸仲介事業で活躍。
売り上げが最下位だった店舗へ自ら志願して店長配属となりそのテンポを3年連続対前年比売上高トップへと引き上げた。やがて独立を決意し、2002年にサークルホームを設立。

最強の空室対策:ゼロ賃貸の全貌!